CFDと先物取引の違い

TOP画像


VIX指数 > CFDと他の金融商品の違い > CFDと先物取引の違い

CFDと先物取引の違い

先物取引とは

先物取引とは、将来の予め定められた期日に、特定の商品(原資産)を、現時点で取り決めた価格で売買する事を約束する取引です。

CFDと先物取引には、どのような共通点と相違点があるのか調べてみました。


CFDと先物取引の共通点

CFDと先物取引は、以下の4点で共通しています。

  1. 投資対象が先物
  2. 売りから入ることができる
  3. 証拠金を担保にして取引可能
  4. レバレッジ制度がある

1.投資対象が先物
CFDは様々なものに投資できますが、先物も投資対象の1つです。
先物の代表的な商品は、日経225やTOPIX、NYダウなどの株価指数です。

2.売りから入ることが可能
CFD・先物取引とも、相場が上昇すると予想したときには「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。

3.証拠金を担保にして取引可能
CFD・先物取引の両方とも、取引会社に証拠金を預け入れ、その証拠金を担保にトレードすることになります。そのため、商品を購入するための費用を全額用意する必要がありません。

4.レバレッジ制度がある
CFDと先物取引は、証拠金を担保にしてトレードするシステムで、証拠金として預けた以上の商品を購入可能です。

証拠金の何倍もの商品や外貨を売買できる仕組みを、「レバレッジ」と言い、
CFDは最大5~20倍(CFD取り扱い会社や商品により異なります)
先物取引は最大10数倍~数十倍(商品により異なります)
のレバレッジをかけてトレードすることができます。


CFDと先物取引の相違点

CFDと先物取引には、相違点が5つほどあります。

  1. 先物取引は投資対象が先物のみ
  2. 先物取引は取り引き時間が限られている
  3. 先物取引は取り引きに期日がある
  4. 先物取引は取り引き単位が大きい
  5. 先物取引は手数料が安い

1.先物取引は投資対象が先物のみ
先物取引は当然、投資対象が先物だけですが、CFDは先物以外にも様々なものに投資できます。
この違いは、CFDが有利です。

2.先物取引は取り引き時間が限られている
先物の取り引き時間は以下のように決められています。
平日8:45~15:10 16:30~翌5:30
一方で、CFDは24時間トレードすることができます。
この違いも、CFDが有利です。

3.先物取引は取り引きに期日がある
先物は、永久に対象銘柄を持ち続けることができません。
銘柄ごとに取引できる期限(期日)が定められており、期日の前営業日が取引最終日となります。
決済せずに期日をむかえると、SQ(エスキュー)と呼ばれる特別清算指数値で自動的に決済されます。
この違いも、CFDが有利です。

4.先物取引は取り引き単位が大きい
先物取引は、例えば日経225先物であれば、指数×1000円が最小取り引き単位です。
指数が17000円であれば、1700万円が最小取引単位です。

一方、CFDだと、指数×10円が最小取引単位で、指数が17000円であれば、17万円が最小取引単位です。
この違いも、CFDが有利です。

5.先物取引は手数料が安い
銘柄にもよりますが、先物取引はCFDと比較して取り引き単位が大きい分、手数料が安い場合が多いです。
この違いは、先物取引が有利です。


まとめ

個別株への投資は、トレードスタイルによって、CFD、先物取引のどちらがベストか別れます。

先物取引が向く場合
・大きな資金で投資したい

CFDが向く場合
・取引時間を気にせず投資したい
・少ない資金で参加したい
・期日を決めずに投資したい


CFDと比較した金融商品一覧




VIX指数に直接投資

VIX指数への投資法
↑過去9年の平均年利43.8%

VIX指数売りを長期保有
↑保有するだけで年利19.1%

VIX指数取り扱いCFD業者を比較

VIX指数CFDでリスクヘッジ

CFD業者を比較

比較した大手CFD業者

VIX指数とは

CFDとは

CFDと他の金融商品の違い

商品別ベストな投資先

コラム


管理人のプロフィール


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【宮本】Co.,Ltd.
運営者情報