CFDと株式投資の違い

TOP画像


VIX指数 > CFDと他の金融商品の違い > CFDと株式投資の違い

CFDと株式投資の違い

株式投資とは

株式投資は、企業が発行する株を購入して、配当金や株価の変動で利益を上げるものです。

CFDと株式投資には、どのような共通点と相違点があるのか調べてみました。


CFDと株式投資の共通点

CFDと株式投資は、以下の2点で共通しています。

  1. 投資対象が株式
  2. 配当金・分配金がつく

1.投資対象が株式
CFDは様々なものに投資できますが、株式も投資対象の1つです。

2.配当金・分配金がつく
株を保有していると、配当金や分配金がつきますが、CFDも権利調整額という名目で配当金・分配金相当額が投資家に支払われます。


CFDと株式投資の相違点

CFDと株式投資には、相違点が7つほどあり、共通点よりも相違点のほうが多いです。

  1. 株式投資は投資対象が株式のみ
  2. 株式投資は買いからしか入れない
  3. 株式投資はレバレッジ制度がない
  4. 株式投資は取り引き時間が限られている
  5. 株式投資は株主優待がつく
  6. 株式投資は国内の銘柄数が多い
  7. 株式投資は国外の銘柄数が少ない

1.株式投資は投資対象が株式のみ
株式投資は当然、投資対象が株式だけですが、CFDは株以外にも様々なものに投資できます。
この違いは、CFDが有利です。

2.株式投資は買いからしか入れない
株式投資は、買いからしか入れませんが、CFDは売りからも入れます。
この違いも、CFDが有利です。

3.株式投資はレバレッジ制度がない
株式投資は、購入する株に対して、全額証券会社にお金を預けなければいけませんが、CFDではレバレッジ制度を採用しているため、小額の資金で多くの株式を購入可能です。
この違いも、CFDが有利です。

4.株式投資は取り引き時間が限られている
株式投資は取り引き時間は、平日9:00~11:30と12:30~15:00(東証の場合)です。
一方、CFDはほぼ24時間取り引き可能です。
この違いも、CFDが有利です。

5.株式投資は株主優待がつく
株式投資は株主優待がある株を保有していると、当然株主優待がもらえます。
一方、CFDは株主優待がつきません。
この違いは、株式投資が有利です。

6.株式投資は国内の銘柄数が多い
日本の証券会社で株式投資をする場合、日本の取引所に上場している企業すべての銘柄を購入できますが、CFDは購入できる銘柄が限られています。
この違いは、株式投資が有利です。

7.株式投資は国外の銘柄数が少ない
日本の証券会社で国外の銘柄に投資をする場合、アメリカや中国などで上場している企業の株は、それほど取り揃えていません。また、日本の証券会社では手数料が割高になりますが(楽天証券は1取引あたり税込27ドル)、CFDだと、1株当たり0.05ドル前後の手数料です(銘柄により異なります)。
この違いは、CFDが有利です。


まとめ

個別株への投資は、トレードスタイルによって、CFD、株式投資のどちらがベストか別れます。

株式投資が向く場合
・日本の株式に株主優待狙いで長期投資をしたい
・日本のマイナーな銘柄にも積極的に投資したい

CFDが向く場合
・取引時間を気にせず投資したい
・少ない資金で参加したい
・国外の個別株に投資したい
・売りから入りたい


CFDと比較した金融商品一覧




VIX指数に直接投資

VIX指数への投資法
↑過去9年の平均年利43.8%

VIX指数売りを長期保有
↑保有するだけで年利19.1%

VIX指数取り扱いCFD業者を比較

VIX指数CFDでリスクヘッジ

CFD業者を比較

比較した大手CFD業者

VIX指数とは

CFDとは

CFDと他の金融商品の違い

商品別ベストな投資先

コラム


管理人のプロフィール


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【宮本】Co.,Ltd.
運営者情報