CFDとFXの違い

TOP画像


VIX指数 > CFDと他の金融商品の違い > CFDとFXの違い

CFDとFXの違い

FXとは

FXは(Foreign Exchange)の略称です。日本語にすると、外国為替証拠金取引といいます。

FX会社に証拠金を入金し、その証拠金を担保にして、ドルやユーロといった外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を得ることを目的とした金融商品です。

CFDとFXは、かなり近い仕組みを持つ金融商品となっています。


CFDとFXの共通点

CFDとFXは、以下の3点で共通しています。

  1. 証拠金を担保にして取引可能
  2. 平日24時間トレード可能
  3. レバレッジ制度がある
  4. 売りから入ることが可能

1.証拠金を担保にして取引可能
CFD・FXとも、取引会社に証拠金を預け入れ、その証拠金を担保にトレードすることになります。そのため、商品(FXでは外貨)の購入に必要な費用を全額用意する必要がありません。

2.平日24時間トレード可能
他の金融商品では、取り引き時間に制限が設けられていることが多いのですが、CFDとFXは、平日は24時間トレード可能です。

3.レバレッジ制度がある
CFD・FXとも、証拠金を担保にしてトレードするシステムで、証拠金として預けた以上の商品(FXでは外貨)を購入可能です。

証拠金の何倍もの商品や外貨を売買できる仕組みを、「レバレッジ」と言い、
CFDは最大5~20倍(CFD取り扱い会社や商品により異なります)
FXは最大25倍(個人口座の場合)
のレバレッジをかけてトレードすることができます。

4.売りから入ることが可能
CFD・FXとも、相場が上昇すると予想したときには「買い」から、反対に相場が下落すると予想したときには「売り」から取引を始めることができます。


CFDとFXの相違点

CFDとFXの一番大きな違いは、投資対象です。

FXの投資対象がドルやユーロなどの外貨だけなのに対して、CFDはVIX指数をはじめ国内外の個別株や株価指数、原油や金などの商品、国が発行する債券など、様々なものに投資できます。


まとめ

外貨以外に投資をしたい場合はCFD、外貨だけに投資をしたい場合はFXの利用がベストです。


CFDと比較した金融商品一覧




VIX指数に直接投資

VIX指数への投資法
↑過去9年の平均年利43.8%

VIX指数売りを長期保有
↑保有するだけで年利19.1%

VIX指数取り扱いCFD業者を比較

VIX指数CFDでリスクヘッジ

CFD業者を比較

比較した大手CFD業者

VIX指数とは

CFDとは

CFDと他の金融商品の違い

商品別ベストな投資先

コラム


管理人のプロフィール


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【宮本】Co.,Ltd.
運営者情報