金スポット(GOLD/USD)取り扱いCFD業者を比較

TOP画像


VIX指数 > CFD取り扱い証券会社を比較 > 金スポットCFD

金スポット(GOLD/USD)取り扱いCFD業者を比較

CFDで投資できる金スポットとは

CFD取引では金への投資はほとんどが金スポットになります。

金スポットは、金1トロイオンス(=31.103 4768グラム)当たりのドル価格表示となっており、ロコ・ロンドン・スポット市場の取引参加者は主に世界中の銀行、証券、商社、ヘッジファンド等です。

現物の受渡場所をロンドンとして、コスト等を含まない現物受渡価格で取引されており、その価格は様々な金取引の決済価格等に広く利用されています。

金スポットCFDの取引は、GMOクリック証券CFD・サクソバンク長兼CFD・IG証券CFD・DMM CFDで可能です。(M2J株価指数CFDは未取り扱い)
この3社で、金スポットCFDの取引条件を比較してみました。


金スポット(GOLD/USD)取り扱いCFD業者の性能を比較

金スポットの取引に有利なCFD業者を調べるために、以下の8項目を比較しました。

金スポット(GOLD/USD)取り扱いCFD業者の性能比較表
CFD業者 GMOクリック証券
CFD
サクソバンク証券
CFD
IG証券CFD DMM CFD
取引
手数料
無料 無料 無料 無料
スプレッド
※1
0.3ドル 0.4ドル 0.6ドル 1.2ドル
ポジション
決済時の
ドル円決済
方法
(コンバージョンレート)
3時間おきに
決定し、
為替手数料の
発生なし
リアルタイムに
判断し、
為替手数料
0.5%発生
リアルタイムに
判断し、
為替手数料
0.3%発生
リアルタイムに
判断し、
為替手数料の
発生なし
最小取引
単位
金スポット価格
の1倍
金スポット価格
の1倍
金スポット価格
の10倍
金スポット価格
の1倍
最大
レバレッジ
20倍 20倍 20倍 20倍
価格
調整額
(買い)
※2
1日 ‐7円 1日 ‐0.5円 1日 ‐9円 1日 ‐7円
最大保有
期間
無期限 最大3か月 無期限 無期限
取引時間 標準時間↓
月~金の
8:00
~翌7:00

サマータイム↓
月~金の
7:00
~翌6:00
標準時間↓
月~金の
8:01
~翌7:00

サマータイム↓
月~金の
7:01
~翌6:00
標準時間↓
月~金の
8:00
~翌7:00

サマータイム↓
月~金の
7:00
~翌6:00
標準時間↓

8:00~翌5:15
火~木
7:00~翌5:15

7:00~翌4:50

サマータイム↓

9:00~翌6:15
火~木
8:00~翌6:15
金曜
8:00~翌5:50

表中の赤字は、他のCFD業者と比較して、特に有利な特徴です。
※1 スプレッド:金価格の1倍(1オンス)あたりの買値と売値の差です
※2 価格調整額:金価格の1倍(1オンス)あたりの金額です
※3 取引時間のカッコ内はサマータイムです

上の比較表はGOLD/USDで、ドル建ての金ですが、サクソバンク証券CFDでは、様々な通貨建ての金を取り扱っています。

サクソバンク証券CFD ドル建て以外の金商品一覧
円建ての金 ユーロ建ての金 豪ドル建ての金
香港ドル建ての金 タイバーツ建ての金 トルコリラ建ての金
スイスフラン誰の金 ロシアルーブル建ての金 中国人民元建ての金

詳しくはこちらです→サクソバンク証券の公式サイト

金スポットCFDの取引手数料
取引手数料は、比較した全てのCFD業者で無料です。

金スポットCFDのスプレッド
スプレッドは、GMOクリック証券CFDが最安値で、金スポット価格の1倍あたり0.3ドルです。
例えば、金スポットの価格が1100ドルの時、金スポット価格の1倍を売買するときにかかる費用は、往復0.3ドル(日本円で約45円)となります。

金スポットCFDポジション決済時のドル円決済方法
金スポットCFDは、ドル建ての商品ですので、決済時に必ず円に戻す必要があります。
その際、為替手数料が発生しないのが、GMOクリック証券CFDとDMM CFDです。
為替レートは、DMM CFDはリアルタイム、GMOクリック証券CFDは3時間おきに決定します。

金スポットCFDの最小取引単位
最小取引単位は、GMOクリック証券CFD・サクソバンク証券CFD・DMM CFDが一番小さく、金スポット価格の1倍です。
例えば、金スポット価格が1100ドルの時、最小取引単位は日本円で約13万円です。

金スポットCFDの最大レバレッジ
最大レバレッジは4社ともレバレッジ20倍です。
株ほど値動きが大きくないということで、多少大きく設定できます。

金スポットCFDの価格調整額
価格調整額とは、金スポットCFDを保有することによって発生する調整額です。

呼び名はCFD業者によって異なり、
・GMOクリック証券CFD:価格調整額
・サクソバンク証券CFD:キャリングコスト
・IG証券CFD:ファンディングコスト
・DMM CFD:スワップポイント
です。

CFDで取引する金スポットの場合、XAU/USDという銘柄になります。
つまり、金スポットを買うということは、米ドルを売るということになります。

そのため、どのCFD業者で金スポットを保有しても、価格調整額はマイナスになります。
金スポットCFDの価格調整額では、金スポット価格10倍あたり1日-5円のサクソバンク証券CFDが一番有利です。

金スポットの最大保有期間
サクソバンク証券CFDだけ、保有期間に制限があります。

金スポットの取引時間
金スポットの取引時間はGMOクリック証券CFDとIG証券CFDが一番長く、月曜~金曜の8:00~翌7:00となっています。(サマータイムは月~金7:00~翌6:00)

これらのことから、金スポットCFDの取引は、取引手数料、スプレッド、最小取引単位、最大保有期間の点でGMOクリック証券CFDがおすすめです。


金スポット取引に有利なCFD業者

GMOクリック証券CFD

GMOクリック証券CFD・金スポットCFDの取り引きにベストな証券会社
・金スポットCFDのスプレッドは0.3ドルと最安です
・金スポットCFDの決済時に為替手数料が発生しません
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません


GMOクリック証券CFDの基本情報
 スプレッド
(金CFD)
 最小取引単位
(金CFD)
 最大保有期間 
(金CFD)
最大レバレッジ 
(金CFD)
信託保全
分別管理
 0.3ドル  金スポット価格の1倍  制限なし 20倍  あり(全額)

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料 
 無料  無料  即時入金サービスは無料   無料

詳細はGMOクリック証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


DMM CFD

サクソバンク証券CFD・金スポットCFDの価格調整額(スワップポイント)の支払いが最小で、長期保有に有利です
・金スポットCFDの最小取引単位は株価指数の1倍と、気軽に取引できます
・6000銘柄以上を取引可能です
・預けた証拠金は分別管理かつ全額信託保全で安心
・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません

サクソバンク証券CFDの基本情報
 スプレッド
(金CFD)
 最小取引単位
(金CFD)
 最大保有期間 
(金CFD)
最大レバレッジ 
(金CFD)
信託保全
分別管理
 0.4ドル  金スポット価格の1倍  3か月 20倍  あり(全額)

 口座開設手数料   口座維持料金   入金手数料  出金手数料 
 無料  無料  即時入金サービスは無料   無料

詳細はサクソバンク証券CFDの公式サイトでチェックしてください。


CFD取り扱い証券会社を比較 投資商品別にCFD業者を比較



VIX指数に直接投資

VIX指数への投資法
↑過去9年の平均年利43.8%

VIX指数売りを長期保有
↑保有するだけで年利19.1%

VIX指数取り扱いCFD業者を比較

VIX指数CFDでリスクヘッジ

CFD業者を比較

比較した大手CFD業者

VIX指数とは

CFDとは

CFDと他の金融商品の違い

商品別ベストな投資先

コラム


管理人のプロフィール


Copy Right VIX指数CFDで投資のリスクヘッジ【宮本】Co.,Ltd.
運営者情報